HOME>Column>結婚祝いのお返しは利便性の高いものが支持される

結婚祝いのお返しは利便性の高いものが支持される

女性

家族構成に合わせて贈ると喜ばれる

結婚祝いを頂いたらお返しを返すのがマナーです。結婚祝いのお返しは挙式後1ヶ月以内、挙式をしていない場合は入籍後1ヶ月以内にお贈りするのがマナーです。結婚祝いのお返しの金額は頂いた金額の三分の一から半額ほどの金額がマナーとなっているので、お返しに関しては頂いた金額やお品物によってそれぞれ異なってきます。また、同じ金額を頂いたとしてもその家族構成に合わせてお品物を選ぶと良いでしょう。小さいお子さんがいる方や大人だけの家族の方、家族の人数が多い方や一人暮らしの方など、それぞれに置かれている状況は異なります。そういったことを考慮してお品物を選ぶとお相手にも喜んでもらえるでしょう。個人的にお付き合いがある場合はその方の趣味嗜好などもわかりますし、それに合わせて贈っても良さそうですね。

箱

迷った時は誰もが必要とする消耗品を選ぶ

家族構成や趣味嗜好などを考慮しても、どんなものをお返ししたら良いのかわからないというパターンもあるでしょう。そういった時は誰もが必要とするもの、つまり消耗品を選ぶと良いでしょう。洗剤や調味料、タオルなどを贈ると間違いがありません。これらは必ず使うものなので、頂いた側としても負担がありませんし、頂いて邪魔になることもないのではないでしょうか。また、消耗品の他にはカタログギフトという手もあります。カタログギフトであれば本人がそのカタログの中に掲載されている商品を選べるので、ご本人に本当に必要と感じるものを選んでもらえます。カタログギフトも金額別にコースが用意されているので、設定金額を選べます。いづれにしても結婚祝いを頂いた以上はマナーを守って、きちんと感謝の気持ちを伝えることが何よりも大切です。